2013guam

  • Screenshot_20130809102528
    グアム5日間三世代旅行です。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2012年3月 1日 (木)

マイル加算されました。

やっとマイル加算されました。

今現在、エーゲ航空のマイルは約19100マイルほど。(びみょー)
残り900マイル加算できればスターアライアンスゴールドになれます。

 

普通に旅行する分には余り必要無いかも知れませんが、私は仕事柄
盆と正月しか長期休暇取れません。
空港カウンターがどんだけ長蛇の列か・・・・・・。

 

その時、スターアライアンスゴールドで有れば別カウンターでラクラクチェックインが出来ますし、ラウンジでユックリする事も出来ます。

 

素晴らしい。

 

この資格を手に入れるのと、シンガポール旅行が丁度マッチしたので、
旅行に行ったのですが、マイルが加算されないとなっていたので焦りました。

 

エーゲへ事後加算依頼4回+メールで催促
エアチャイナへ確認してくれメール3回

もちろん、後輩も同じ様に催促し、意見交換しながら待ちました。

 

残り900マイル。
千歳往復が丁度良いな。
今の時期ならスキーも出来る。

2012年2月18日 (土)

自宅着

さて、便の遅れを見込ん難波に宿を取っていたのだがどうやって移動しよう。
難波なので南海が良いみたいなので南海で行こう。
ちょうど中央線で言ったら特快みたいのが有ったので乗る。

 

 

さむい・・・・・・・・さむい・・・・・・・・。

後輩は難波からこのまま深夜バス。俺には出来ねぇ。

途中まで平穏だったが
なんかウルサイなーと・・・・・・。

目の前に座った変な兄さんが乗ってきてお隣さんに話しかけているがちょっとアレだ。
お隣さんも何故か話して上げていたがウザさで途中下車。
さあ、次のターゲットは俺だ。

 

アレ:「おお、旅行帰りですか?」
オレ:「ええ、」
アレ:「どちらから?」
オレ:「旅行行ってきただけですよ」

 

 

アレ:「外国の方ですか?」

 

またかよ!!!
オレは日本人。アイアムジャパニーズ!!!

 

空気を察したのかフェードアウトなアレ。
オレに絡むんじゃなくて後輩に絡め。許すから。

 

ソノ後、スーパーサイヤ人状態(イメージ)だったオレにアレは話しかけないのであった。
(ただでさえ疲れて不機嫌なのによ) 

で難波に着き、下車したら売店の兄ちゃんに話しかけているアレ。ある意味すげぇぜ。

 

ココで後輩とはバイバイ。
又会う日まで・・・・・・(直ぐだけど)

 

 

大阪で泊まったホテルは
「ホテルヒラリーズ」
 

ホテル ヒラリーズ

 

何処にしようか探していた時に、丁度「10時チェックイン」が安いプランが見つかり予約していました。
部屋はこじんまりとしていましたが綺麗で文句なし。
1Fがセブンイレブンになっているのも便利。
帰国最初の食事はセブンイレブンのおでんでした(笑)

 

風呂に入りあっという間に就寝。

 

翌朝、朝食を取りに行きましたが、ヤハリ日本食は良いね!!
味噌汁がウメー。

Img_20120105_082618

たらふく食べチェックアウトし、今度は伊丹まで空港バスで移動なのですが、
バス停までチョッと歩きました。

Img_20120105_103445

スーツケースのコロがバカになってきているので真っ直ぐ動かないのも辛かった。
コイツとも15年位付き合っているがそろそろ換え時かな?

バス停に着き乗車券を買い列に並びます。
あああ、日本だ~。ぐふふ。

伊丹までは渋滞も無く到着。

早速荷物を預けラウンジで一休み。

Img_20120105_111827

Img_20120105_111854

帰りは空港から運転なのでアイスコーヒーで我慢です。(ああ呑みたい)

Img_20120105_112606

帰りも1Kを予約してましたが景色は見ませんでした。

Img_20120105_132214

Img_20120105_132314

Img_20120105_132417

お食事も頂き無事羽田到着。

駐車場でチャンと待っているロド。お待たせ!!

Img_20120105_143032

こうして無事日本に帰ってきたのでした。

駄文お読み頂きありがとうございますm(__)m

 

 

 

 

 

いやいや、まだ有るんだよ。

 

エーゲ航空の私のアカウントなのですが。何故かロックされていてログインできない。
エーゲに問い合わせるが返事なし。一週間後もう一度問い合わせたら数日後新しいパスワードがメールで
送られてきてログインできるようになるも、北京シンガポール往復マイルが登録されていない。

コレが解決するのはイツだろう・・・・・・。

つづく。

2/19追伸:
エーゲ航空のログインIDは復活しております。

が、しかし。

マイルの未登録区間が有るのは相変わらず。
エーゲ航空とエアチャイナ双方とやり取りしているらしいですが、いつ加算されることやら。

2012年2月17日 (金)

日本入国

シートはこんな感じで昔ながらのですが、

20111231133500nec_0026_2
(注:行きのシートです。)
 

この形ってなんか納まり良いんですよね。
フルフラットには勿論ならないのですが、腰の位置とかがいい感じで落ち着くんです。
 

正直A330のシェルタイプは寝にくかったです。
フラットなのですが、微妙に足が低い斜めなので寝ているうちに落ちてきて納まらない。
腰が痛くなりましたから。
個室感はシェルタイプの方が有りますが、寝やすさはコチラでした。

 

そんなこんなしているうちに機内食です。

Img_20120104_193102

 

チキンをリクエストしていたのですがココもまた美味しい。
お酒は呑みたく(笑)なかったのでウーロン茶をリクエストしていたのですが、
コレも美味しい。

 

 

CAのビジネス食殆ど完食していたかもしれません。
(噂によるとエコノミーはアレらしいですが)

 

食事も終わり食器を下げてもらう。

 

 

俺:「しぇーしぇー」
CAのCA:「メルシー」ニッコリ
俺:「!!!!!!!!」

 

そういえば。
確かに以前、タイに行った時も帰りは日本人に見られなかったさ。
なんてったって売人に間違われた、いや確実にそう思われてたからな。
搭乗直前に警備に引き止められ、通訳が来て質問だぜ?
出国手続きの時になんかヤな予感してたんだよ。厳しかったから。
しかもみんなが見てる前でボディーチェックさ。

 

通訳:「何か荷物もってますか?」
俺:「コレ」(機内持ち込み荷物)
通訳:「他に、誰かから物を貰ったとか無いですか?」
俺:「無いです」
通訳:「お土産とか受け取りましたか?」
俺:「受け取ってません!!」
 

この間、持ち物チェックボディチェック
隠すとなんちゃらとかいわれたような気がするが覚えてない。
あやうく別室に連れて行かれるところだった。
搭乗者の白い視線が今でも思い出せる。

おっと話しを戻そう。
 

直ぐに日に焼ける体質なので滞在中に馴染みすぎて怪しいのかもしれない。
だから現地でも特にボッタくられると言う経験も無い、良いか悪いか分からないけど。

お、下に日本が見えてきた。

関空着。

2012年2月16日 (木)

シンガポール?4日目(北京)

早朝、寝ぼけているうちに北京に到着しました。
相変わらず景色は茶色です。

ゲートに付け、外に出た瞬間。

 

 

さみいいいいいいいぃぃぃぃぃぃ!!!!
なんて寒さなんだよ!!
外凍ってるじゃねぇか。 

 

温度差30度以上有るぞ。
日本もコレだけ寒いんだよな、忘れてたよ。

 

早速機内に持ち込んだダウンを着ます。ブルブル。
震えている場合ではない、荷物を受け取らないといけないのだ。
 

しかし、北京空港はデカイとにかくデカイ。
バゲッジルームまで歩道をヒタ歩き、モノレールで移動。
入国(なのか?)審査を受け又ボタン(笑)を押す。
荷物を受け取り乗り継ぎらしきところに行くも違う!!
 

同じ便の外人さんも右往左往。
 

なんとか荷物を預け上海行きに搭乗。
ココラ辺は眠かったし焦っていたので記憶が無い。
ファーストなのに(笑)
Img_20120103_224804
 

なんか写真は撮ってたみたいです。
食べ物だけど

Img_20120104_104344

 

上海に着きまた荷物を受け取る。

Img_20120104_113333

ココが一番悩んだ。本当に何処に行けば良いのか分からないのだ。
今考えれば国内線乗り継ぎって分かるのだが、その時は入国してないと思ったのです。
 

ちょうどCAの窓口が有ったのでチケットを見せ「何処に行けば良いの?」
と聞くと一回外に出ろと言う。

 

多分、北京入国→国内線で上海移動→上海で出国手続きで関空。らしい。
荷物と一緒に外に出た日本人。

 

インフォメーションを見つけたが人が居ない(笑)
さあ、どうするかと悩んでいたら。 

 

お姉さんが:「がかじゃgじゃれじゃgじゃおgじゃろ」
俺達:「・・・・・・・・・」
お姉さん:「・・・ジャパニーズ?」
俺達:「イエース!!」(ハモる)
お姉さん:「はははは、日本人なのね!中国人かと思ったわ」

 

またかよ!!

お姉さん:「カモン」

 

のこのこ付いていく日本人。
 

 

近くのカウンターに連れて行かれ
 

お姉さん:「どうしたの?」
俺:「コレに乗りたいんだけど」(チケット見せながら)
お姉さん:「ああ、それなら上にあがれば良いわよ」(指差しながら)
俺:「しぇーしぇー」(ニコリ)
お姉さん:ニコリ

 

エレベータに移動したら北京で一緒に右往左往した外人さん。
という事はこの方向で正解だな。

 

上が出発ゲートって事が上がって分かった。
案内の人にゲートを聞くと。  遠いい。
 

テクテクと向い、ビジネスクラス窓口で手続きしようとしたら。
GHが「は!?未だ時間じゃないから駄目だよ。14時ね」

 

ちょっとまて3時間近くココに居るのか?
そんなの何処にも書いてないぞ? 

一応チケットはビジネスなのだが駄目らしい。
チャンギとは大違いだ。

 

しょうがないのでベンチに座りながら仮眠。
途中足がしびれて起きる(座りながらだったので)

Img_20120104_120619

もう我慢ならんと、もう一度窓口行ったら今度は違うお姉さん。
チケット見せて「チェックインOK?」

「オーケー」ニコリ

なんだよ、さっきのお姉さんは!!、いやババーに格下げだ。(大人気なくて申し訳ない)
帰りたくて面倒で手続きしなかったに違いない!!
だから14時って言ったんだろう!!ヤラレタゼ。
まあ、こういうところが中華クオリティなんだろう。
 

そもそもファースト・ビジネスクラスに話す口調じゃなかったもんな。
中国語は強く聞こえますがそれ以前の話し。
行きも帰りも含めココだけが駄目でした。
 

ソコで気が付かなかった俺もマダマダだぜ。

 

中国国際航空の為にも書きますが、他のビジネスクラス搭乗窓口はとても親切に対応していただき感謝しています。

 

 

荷物も預け、出国?手続きも済ましラウンジに向います。
ほっと一息のビール(笑)

Img_20120104_152544

食べ物はチャンギや北京に比べたら質素で少ないですが美味しいです。
ビールも冷えてます(苦笑)

呑んで呑んで呑んで呑んで食べて外をボーーーと眺めて。

Img_20120104_143853

Img_20120104_174522

Img_20120104_174539

綺麗な夕焼けだなー。

あ、搭乗時間だ。
本当、北京から上海までは怒涛の勢いだったので記憶曖昧なんです。
ですから時系列が前後して北京の出来事、上海の出来事混ざってるかもしれません。

2012年2月15日 (水)

チャンギ空港 出国

通常はカウンターでチェックイン手続きするのだが、
ビジネスクラスなのでプレミアチェックインラウンジで座りながらチェックイン出来るのだ。

 

飲み物も用意され、荷物もソコで預けられ、イスに座りながら手続きしていると。

 

 

 

ふむふむ何なに?
え?荷物は関空までスルーじゃないの?
え?北京と上海両方とも自分で荷物受け取って搭乗手続きするの!?

 

 

分かっちゃいたが本当だった。
値段考えれば許せるな>CA
ラウンジを出るとそこは出国手続きゲート。

 

 

今回の旅で初めてビジネスを使ったが、エコノミーとコレほどまで待遇が違うとは思わなかった。
中国国際空港のビジネスクラス。

値段が安く機材もちょっと年期入っていますが、ビジネスクラスで得られるサービスは素晴らしい。
優先搭乗・ラウンジサービス・プレミアチェックイン・荷物制限優遇。もちろん機内でのおもてなしも。
 

格安航空券での旅行も素晴らしいが、こういう旅行も素晴らしい。

 

 

さて、話しを戻し出国手続きだが後輩がまたやってくれた。
入国手続きした半券をなくしたらしい。
はい、別窓口へガードマンがご同行。最後までやってくれるぜ後輩・・・・・・

Img_20120103_212200

 

ゲート通過した場所で暫く待つと後輩到着。とっても謝ってます私に(笑)。
 

 

未だ時間が有るため、iphoneをみにショップに行くが完売。
中で他の見てましたが短時間にいろんな人が「iphone有るか?」と聞いてくる。
凄いな。

 

お腹も空いてきたのでラウンジに移動します。
ラウンジはSATSラウンジ。
中に入り先ずはビール

Img_20120103_224403

 

冷えてねぇ~。
 

 

 

しょうがないのでグラスに氷を入れてビールを飲みます。まあOKかな。
思わぬ収穫なんですが、ラウンジで食べたチキンライスが美味しいんだ。
思わずお代わりしてしまったぐらい。本当に美味しかった。
 

 

お腹も膨れてもう一杯行ってたのですが、シャワー浴びるの忘れてた。
もう夜だし、次に風呂は入れるのは日本に帰ってからだ。
早速持ってきたタオル片手にトイレへ。

ええ、トイレ自体が個室になっておりシャワーブースとセットなのだ。

ドア→洗面所→便器→シャワーブース。というセットの個室。

2012010400042720120104_000427

2012010400041520120104_000415

 

サクッとシャワー浴びたら、食事セットしたりしてた世話好きオバちゃんが

「あっちにマッサージ有るから使って良いよ」と笑顔でオススメしてくれた。
 

このオバちゃん。とっても親切で食事も

「今新しいの持ってくるからまってな(後輩談)」とか、
「チャイニーズ?(またか!)」
「日本人だよ」
「そうか日本人か、ニコニコ」
「飲み物有るよ」とか
とにかく親切。

 

おかげで呑みすぎ食べすぎになったけど、心地よく居られました。
有難う。シンガポールのオバちゃん。

 

 

そんな居心地良すぎて、搭乗案内が聞こえず(酔いすぎ?)
気が付いたらファイナルコール。
 

 

さあダッシュ!!
 

 

しかもラウンジから搭乗ゲートが遠いんだよ。
とにかくダッシュして、ゲートに着いたら乗客誰も居ない(汗)
カウンターのお姉さんにチケットを見せ、
 

 

お姉さん:「さいちぇん(笑顔で手を振りながら)」
だから俺は日本人だってば。
 

 

そこから、パスポートが見えるように搭乗。
帰りはA330・シェルタイプのシートだ。

Img_20120104_011202

 

 

さて、後ろを見たら又後輩が居ない。

 

搭乗ゲートで荷物に反応が出て通してもらえなかったらしい。
何度通してもブ~ーーーという為、最後は目視でOK?

とにかく無事搭乗できて北京へ向うのでした。

搭乗時に配られたアメニティ
「ロクシタン」

20120115174500nec_0027
 

シンガポール行きの時も貰いましたので、長距離でくれるのかな?

 

 

 

シートベルトサインが消えると直ぐに食事です。
搭乗時に食事の種類が聞かれチャイニーズヌードルにしていたのでワクワクです。
出てきた麺は美味しく具も美味しい。

Img_20120104_021747

付け合せの黄色いのと赤いのはビミョーで残しましたが口に合わなかっただけでしょう。

その後ワインをお代わりし、歯を磨いて爆睡なのでした。
Img_20120104_021244

2012年2月14日 (火)

マリーナベイサンズ

さて、今日向うところは御のぼりさんは行かねばなるまい「マリーナベイサンズ」

俺はカジノ目当て、後輩はアノ場所目当て。

エントランスでタクシーを拾い
俺:「マリーナベイサンズ」
運:「おーけー」
もうタクシーは任せとけ。

運:「カジノ?」
俺:「カジノ」キリ

行ってから分かったんだけど、カジノと空中庭園って場所が離れてるんですね。知らなかった。
カジノに入ろうとしたけど、なんか雰囲気が怖い。 

どうしようか悩んだので先に空中庭園に行くことにした。
ココに入るのに入場料要るのですが、一回行ったら良いかな。

Img_20120103_161926

Img_20120103_161949

20120103072032img_20120103_162033

Img_20120103_162115

ココにチケットをかざして入場します。

 

 

プール等の場所は宿泊者しか入れないので、宿泊しないと空中庭園の楽しさは殆ど味わえないかもしれません。

Img_20120103_162456

Img_20120103_162825

Img_20120103_162833_2

Img_20120103_162849

Img_20120103_163338

さて、ココからもう一度カジノへGO!!

Img_20120103_170535

パスポートを見せ、特にチェックも無く入場でき後ろを見たら後輩が居ない。
なんとチェックを受け、顔写真まで撮られている。
何でか未だに分からず。

 

中を一通り歩いたのですが、華やかってより賭博場?
思っていたよりちょっと違うかな?
賭け事に集中したい人には良いかもしれません。

 

特に何をするわけでも無く出たのですが、ここで後輩に異変。
カジノの人当たりと緊張で貧血起こし気を失いかける。
 

必死に呼ぶ俺。意識を失う後輩!!!。

身体を支え呼ぶ俺。

意識取り戻す。

いやー、ビビッタ。本当にビビッタ。
とりあえず、ドコカで休もうと見つけたフードコートで一休み。

Img_20120103_182444

 

スイカジュースを飲む頃には笑い話になったが本当に焦ったよ。
 

Img_20120103_155036

Img_20120103_155058

Img_20120103_155102
(ブランドショップばっかで凄い)

ショッピングモールも一通りみて未だ時間が有ったので後輩が行きたがってた店にタクシーで移動。
何度も書くがシンガポールはタクシーが便利。

 

お目当ての食器が買えてご満悦の後輩。

 

 

さあ、そろそろ帰国の準備だ。
ホテルに戻りドアマンに名前を告げ荷物をタクシーに積んでもらう。
 

 

 

「バイバイ・コンラッドシンガポール。又来るよ。」

 

 

 

 

タクシーはベンツのなんちゃらだったんだけど。乗り心地は良くなかった。
後輩は写真撮ってたけど。
以外や以外。現地タクシーで乗り心地良かったのはヒュンダイだったのだ。
自家用車でヒュンダイは余り見なかったが、タクシーは多かった。

2012年2月13日 (月)

シンガポール3日目

さあ、最終日だ。
ちょっと早めに食事に行ったがもう混んでる。
きょうはオスカーズで食事です。

Img_20120103_095637

案内されたところがちょっと死角になるところだったのでコーヒーのお代わりとか呼びに行かなければならないのが面倒だったけど、食事は相変わらず美味しい。

 

そして、デザートコーナーに有るアイスがモーベンピック製だったのだ!!
一度食べてみたかったモーベンピックアイス。
 

ワクワクしながら選んだのがモカ(コーヒーだったかな?)。

 

 

おいしい・・・・・・・。 

 

通常だとワンスクープ800-1000円位(プールサイドで1CUP15シンガポールドルだったかな?)するんですけど、まさか朝食バイキングで食べれるとは。
 

もう少しお腹に余裕持たせてデザートにするんだった。
次回は最初に食べるよ。

 

 

さて、きょうもプールです。
 

2012010212551120120102_125511

 

 

 

シンガポールで食べまくった分、泳ぎます。焼きます泳ぎます。
チェックアウトは午後3時確約なのでユックリします。 

後輩と相談し、3時チェックアウト時に荷物を8時まで預かってもらって遊びに行こうと。
時間も2時頃になったので部屋に戻りチェックアウトの準備です。
 

フロントは初日に会った日本人スタッフだったのでスムーズに事が運び、荷物の預けもOK。
 

そして、いきなりスタッフの方が思い出したように 

「遅くなりましたが明けましておめでとう御座います」
とお辞儀。
 

反射的に私たちも「明けましておめでとう御座います」とお辞儀。 

「とっても気分良く宿泊できました」とお辞儀。

良くある日本人同士のお辞儀合戦。

 

現地人スタップは何が起きたかわらず日本人スタッフに何か質問している。
現地:「貴方達何してるの?どうしたの?」(お辞儀のマネをしながら)
日本:「コレは日本のお正月の挨拶でなの」(お辞儀ジェスチャーしながら)
日本&俺:「にっこり」
現地:「なるほど!!うんうん!!」

 

こうして和やかにチェックアウト出来たのでした。

最後に日本人スタッフに
俺:「又来ます!!」

2012年2月12日 (日)

シンガポール2日目

朝はちょっと遅めに目覚め、身支度をして朝食に行きます。
9時頃向ったのですが思った以上に混んでいたみたいで、レストラン・オスカーズに入れず。
その代わり、ロビーラウンジで取れるらしく其方に案内していただきました。

Images

  

翌日はレストランで食べれたのですが、落ち着き具合・スペースは全然ロビーラウンジの方が良いです。
ビジネスルームへアップグレードされているのでプールサイドのラウンジでも食事が取れるのですが
今回は行きませんでした。

 

朝食はどれも美味しく満腹になるお腹に悔しい思いをし、食事を終えます。

Img_20120102_095923

 

 

さて、どうしたものかと考えたのですが、とにかく日中のシンガポールは暑い。
出かけるなら夕方からにしようと思い、プールに行く事にしました。
サクッと水着に着替えプール用?に部屋に有るフルーツと昨日買ったお水とビールも持ち完璧!!

あああああ、プール気持ちえええええ。

2012010117161620120101_171616

 

デッキチェアに寝転び日焼けしながら日本の知人にメールしたりし、
「今は海外行っても日本と連絡取れるなんてすげーな」なんて思ったり。
skypeでビデオ通話できちゃったりして凄いです。

泳いで日焼けして・泳いで日焼けして。うとうとして。
朝ごはん食べ過ぎた(笑)ので全然お腹空かない。
ヤバイ、太るとプールで泳ぐがお腹空かないまま午後2時。

ココでプールから上がりお出かけです。 

 

行き先は「セントーサ島」
直接入島では無くゴンドラで行きます。そっちのほうがイベント性有るしね。

着替えて、フロントのお姉さんに挨拶をし、タクシーを拾って出かけます。
俺:「セントーサ島に行くゴンドラ駅まで」
タクシー:「・・・・・・、どこ?」
ウォーターフロント・ハーバーフロント、なんちゃらとやり取りして何とか通じたと思うが、出発。
途中色々確認しながらも到着。
運転手も喜んでた。

 

シンガポールのタクシー、結構面白いかも。俺は。

 

さて、ハーバーフロント駅でチケットを買わなければならないのですが、事前調査価格と全然違う。
ボードを見たりしたが二人して分からん。
 

俺:「ワンウェイチケットプリーズ」で良いんじゃねぇの。
と列に並んで買う。
俺:「ワンウェイチケットプリーズ」
窓口:「ワンウェイ?」
俺:「イエス」
 

無事購入できた。
値段はいくらだったが忘れたけど思ったより高かった。
(後から考えると往復が良いかも知れない)
色々な組み合わせが有ったので、誰か試してください。

さあ、ゴンドラです。
乗り場までエレベーターに乗り駅に到着。
景色を動画でどうぞ。

 

 

Img_20120102_154803

無事セントーサ島に入島。
案内に有る日本語地図を頂きますが、本当に色々な所に日本語があって心強い。
先人に感謝。 

 

先ずはでっかいマーライオンを見に行きたいのですが、道が入り組んでいて分かりにくい。
目の前に見えるのに真っ直ぐいけない(笑)

Img_20120102_160525

上がったり下がったりして無事到着したが、見るだけで良いや。

Img_20120102_161030

Img_20120102_161441

しかし、セントーサ島は楽しそう。
ココは子供連れ出来たら凄く楽しいんじゃないかと思うよ。 

 

その後、島の目的地のひとつであるアンダーウォーターワールドに行きましたが、
チケット購入で結構並んでいる。これは失敗した。
ゴンドラ乗り場で、セットで買えたので行く場所確定している場合は一緒に買ったほうがいいかもしれません。

 

暫く並び入場したのですが、イルカショーがちょうど終わった時間・・・・・・(涙)
 

次の時間までとても待て無いので水族館のみとなりましたが、ココはココで面白い。
鮫やエイにさわれるんですが、『鮫肌』って本当に鮫肌なんだね。
エイはなんかぷにょぷにょしてて脂肪とゼラチン混ぜたような(知らないけど)感触。

Img_20120102_171058

 

 

そして、みなさんがよく書いている移動するアンダーウォーターワールド。
楽しくて2周しちゃいました。

Img_20120102_173751

Img_20120102_173847

Img_20120102_173856

Img_20120102_173907

Img_20120102_173928

 

動画見れば分かりますが日本人率高いです。

 

 

ソノ後、巡回バスに乗りビーチに行きます。
ビーチは人工だと思いますが、良く出来ていてるんですよ。
 

が、ソコは人工。水はちょっとね。
綺麗な江ノ島って思いました。
これで水が綺麗なら凄い。

 

今度は巡回トラムに乗ってノンビリ移動。
これはこれで風が気持ちいいーー。
 

 

 

アトラクション等は特にする気が無かったので頃合を見て帰路に着いたのですがココからが凄い。

タクシー乗り場で待つのですが全然来ない。
まっても来ない。乗り場が殺伐としてくる。

アラブ系の女性がイライラして旦那可哀想(笑)
これって女性の目しか見えないからなんか強調されるのね。

 

多分1時間位待ったと思うが、やっと乗れて帰ることが出来ました。
時期にもよると思うけど、帰りはモノレールやゴンドラで移動して、島から出てからタクシー拾うのがいいかも。

 

帰宅して、晩御飯食べに行こうと思ったが何故かカルフールへ。
お土産など買うためです。
 

甥っ子に怪しい日本語が書いてあるスナック購入。

2012010300255020120103_002550

 

その他購入し。
お惣菜コーナー行ったら、売り子の叔母様が「つーふぉーわん・つーふぉーわん」と
んんん?と見たらお惣菜が2個で1個の値段だよと。
夕方だったので割引で売っている。
さらに「どの組み合わせでも2個で10ドル・つーふぉーわん」とな。

 

後輩と相談し、今日の晩御飯はお寿司となりました。
半額で一個当たり300円程ですが、お寿司は日本と値段余り変わらないのかも。
現地感覚だと高いんだろうな。
 

 

ホテルに帰り、一っ風呂浴びてビール片手に乾杯です。
 

さて、お寿司の味は。
 

普通に美味しい。近所のスーパーで買ってきたと言われたら信用しちゃう。
多分、日本人が普通って感じるんだから現地では美味しいになるんだろうな。
そんなこんな、楽しい会話をしながら飲んで就寝したのでした。

2012年2月11日 (土)

ナイトサファリ

事前調べでは、色々な方のWebがとても役に立ち助かりました。
まず。 

 

*ツアーだと時間が無い。個人手配で問題ない。
*バスや地下鉄よりタクシーが時間も節約でき確実。
*入場したら日本語案内トラムの予約するべし。
*外のショーも面白いから見るべし。
*帰りのタクシーが沢山有るので心配なし。
*現地の食事は・・・・・・(苦笑)

 

行く為にちょっと支度します。
歩くのでスニーカーに変更とお水持参。

 

18時頃ホテルのロビーでタクシーを拾い。
「あいうぉんちゅーごーつーないとさふぁりい」
 

 

「・・・・・・おっけーー」
 

 

おいおい、道知ってるのか?
大丈夫かな?

現地まではタクシーで30分以上かかりますが、
シンガポールはタクシー代がとても安いし、ボッタクラれないので安心です。
2人だとチョイ割高かな?と思いますが、3~4人ならとっても割安なのでタクシー移動をオススメします。
 

私たちは結局現地での移動はタクシーしか使いませんでした。
次回行ってもタクシーでしょう。
一人ならバス・地下鉄でも良いかな?

色々景色見てたと思うが、記憶が曖昧。
寝てたかも。

 

Img_20120101_200604

さて、ナイトサファリに到着ですが、尋常じゃない混み具合。
チケット買うのに1時間近く並びそうだし、入場はもっと時間かかりそう。
ツアーで行ったわけでは無いのでもう少し時間潰して空くのを待つ事に。
そうしてると、オープンエリアでショーが始まりました。
 

Img_20120101_201056

ファイヤーショーですが、結構面白くて動画も撮る。

 

そうこう1時間ほど時間を潰してやっと空いてきた。

Img_20120101_203330

といってもチケット買うのに20分程、入場規制しているので
入場までに30分ほど。

 

更に移動トラムは数時間待ちになってるではないか。
 

もう、どうしようと思ったとき

「そうだ、日本語案内トラムは予約制で別のはず」

と日本語トラム乗り場に行ったら「ココで予約できないからあっちで予約して来い」
あああ、入場ゲートまで戻らなきゃ・・・・・・。
人ごみを掻き分け、戻っても見当たらない。
 

係員に聞くと「あっち」と指差す。

 

あったーーーーー。

 

受け付けのお姉さんに聞くと21:40が空いているみたいなのでそれを予約する。
その時たしか21時前だったので、歩いて回れるエリアを見ることにしたんですが、
結構広くて全部歩けなかった。
しかも、自然を上手く利用していて、まさかって所に動物が居る為探しながらの移動なのだ。

Img_20120101_215711

Img_20120101_215724

Img_20120101_220126

 

この動物園はとても良い。
一回で全部見れなかったので又行きたいほどです。

そうこうしている内に、時間が来たので最初に向った日本語案内トラム乗り場へ向います。 

英語案内はトンでもない混みよう。
例えるなら、アトラクション3時間待ちをファストパスでラクラク入場ってところでしょうか。

 

日本語案内トラムが有るのは先人達がちゃんとしていてくれたお陰です、感謝しなくては。
 

乗り場に向かい並びますが、流石日本人ばかり、綺麗に並んでおります。
割り込みなんて全然ないし前の人が進まなかったら待ちます。
当たり前に思うかもしれませんが、コレが外国では凄いらしいです。

今回、シンガポールも含め中華圏を移動しましたが、間開けて待ってたら割り込まれますし、
だれもソレが変だと思ってないみたいです。

 

さて、日本語案内トラムに乗り出発です。

 

すばらしい。
 

柵とか無いんですが、絶妙に人間と動物が住み分けてます。
動物も複数が同じ場所に居てコレもバランス取れているんでしょう。

 

フラッシュが使えないので写真は真っ黒ですが、実際行って自分の目で見るのをオススメします。

そんなこんな興奮してみているうちに戻ってきました。
 

晩御飯どうするかと考えたのですが、既に夜11時位だし帰る事に。
 

帰りのタクシーも溢れんばかりに待っています。
タクシー乗り場に並び、自分の番になり乗り込みましたが、この運転手さんが良く喋るのよ、英語で(笑)。
 

最初、チャイニーズ?と聞かれ(今回の旅で沢山チャイニーズに間違われた)
日本人だよと答えると、そこからまた英語で話しかける。
だから英語出来ないんだってばよ。

帰り道目の前にMX-5(多分あれはNISEKOだと思う)が居たので
「おー、シンガポールに来て初めてロードスター見た」と興奮していたら。運転手食いついた。
 

運:「あー、アレはマツダだね」
俺:「俺のマイカーもアレなんだよ」
運:「え?マジで?。」
なにやらごそごそしだす運転手。
運:「こんな仕事やってんだ」
 

と名刺をだされ見てみると、車のパーツ(GT系)販売等をしているらしい。
名刺にはGTOが書かれていて、ワイルドスピード(スポーツコンパクト)ぽかった。
ソコから運転手更に喋る。
 

 

運:「これから帰るのか?」
俺:「イエス」
運:「呑みに行く店案内するぞ?」
俺:「のーのー。のーさんきゅー」
運:「じゃ、歌いに行くか?」
俺:「のー」
運:「イツまでシンガポールに居るんだ?」
俺:(あれ?明後日までってなんで言うんだっけ?)「あふたーつもろー?」
運:「・・・・・・そうか!じゃ、その時名刺の番号に電話してくれよ、迎えに行くから」
俺:「うん分かった」(御免、電話しなかった。てか忘れてた)

 

そうこうしている内にコンラッド着。
ちゃんと玄関まで付けてくれて時間も早かったし運転も綺麗だった。
なんと料金も安かったのだ。行きと全然違う道だったし、時間帯が違うのでなんとも言えないが、
ちゃんと道を知っていたのだろう。

 

部屋に戻りシャワーを浴び、ウエルカムフルーツをおつまみ代わりに食べ寝たのでした。

2012年2月10日 (金)

シンガポール初日

元気復活し、先ずはマーライオン見に行かなきゃ駄目でしょう!!
歩いて行ける距離なのですが道が分からん。
地下で有る程度行けるのは分かってたので出かける。
後輩が先頭を歩く、頼もしい。

が、なんか変?
方向が明らかに違うのだ。
それでも進む後輩。

俺:「ちょっとまて、こっちじゃ無いとおもぞ」
後輩:「え、そうですか?」

地図を見る俺。
「違う、こっちじゃない。あっちだ。」
出だしで間違えている為、行くにはちょっと迂回して道路を渡らないと駄目。
修整しても方向間違う後輩。 

ココで思い切って「地図読むの苦手だろ?」
「・・・・・・はい」

わかった、俺が全部調べる。

それでも前を進んでいく後輩。
こりゃダメだ、分からせる為にあえて注意せず間違わせた。
ココで自覚(苦笑)

大分遠回りしたが無事マーライオン着。

Img_20120101_112606

Img_20120101_112721

Img_20120101_112827

世界三大ガッカリと言われていたがそれほどでも無いんじゃないかな?

 

Img_20120101_112431
かわいいマーライオン

 

Img_20120101_112843
マリーナベイサンズ 

 

とにかく早朝だと言うのに人が多い。
それに暑い!!暑すぎる!!!!
汗が止まらない。

その後、フラトンホテル見たり、オブジェ?見たり、

Img_20120101_121245

Img_20120101_115525
後輩また勝手に行っちゃって遠回りして怒られたり、楽しく観光しました。

 

お昼は、なんちゃらホーカーに連れて行かれ食べたくない御粥食べたが、予想よりは美味しかったけど、俺は御粥好きじゃなんだよ。

Img_20120101_123014

今度からは先に聞いてね。現場で言われても困ります。>後輩
(御粥はみんな好きだと思っていたから聞かなかったみたい)
 

 

ココでお互いの意思疎通。
どんなに仲良くても大体3日ほどで揉め事が出るの分かってたのですが、コレは俺の詰めが甘かった。(年長者の仕事)

とにかく話し合い、ルールを決めた。
自分がしたいものが他人も好きだとは限らないってコトも。

 

まあ、その後もちょくちょく有りましたが、今現在でも後輩とはちゃんと連絡取れてます(笑)

 

食事をした近くにチャイナタウンが有るので見に行ったけど、横浜中華街外国版なり。

その他色々歩いてお疲れです。

 

さて、帰ろうかとタクシーを捕まえようとしたが全然捕まらない。争奪戦だ。
タクシー待ちしている川上でさらに捕まえようとしている人。
その川上に移動して・・・・・リピート。

そこへ、丁度目の前で降車するタクシーが来て、お客さん降ろす前にアイコンタクト。
 

よっしゃー!!捕まえた。

 

しかし、ここはシンガポール。
そんなのお構い無しに乗るやつが居るのが普通。

俺が乗るんだオーラを全身で出しながらドアをガード。

無事乗車しコンラッドに行ってねと言ったら。
「コンラッドって何処?」

「・・・・・・・・・・・・へ?」

地図を見せ「ここだよココ」
と教えるもちょっと考えてる。
 

 

「おっけー」
 

 

本当に大丈夫か?

 

近くまでは行けたけど「コンラッドはドレだ?」とか聞いてきやがる。
俺だって英語分からんのよ。

見えてきたので、日本語で「あれアレ!!」と指才し日本語。
もうお互い言葉が通じなかったけど無事コンラッド着。裏口だけどな。

フロントを通ろうとしたら日本語が聞こえてくる。
理解できる言語って凄いな。
雑踏の中でも聞き取れるんだ。

 

フロント対応しているのを待ち、終了後直ぐに声をかける。
日本人スタッフでした。
早朝深夜は居ないらしい。だから早朝チェックインで珍問答だった訳だ。
チェックインのお姉さんも困った事だろう。

色々話しを聞いたら、どうやらヒルトンオーナーズの特典がアップグレードではなくポイントになってるらしい、
アップグレードで予約したがと伝えてもポイントだと。
ソレならばと、今から変えてくれと頼んだら、快くOKしてくれた。
どうりで低階層(15F)な訳だ。
 

どうしてポイントになったのだろう?と帰国後確認したらアップグレード希望になっていたので、
チェックインの時に何か変更したのかもしれない。(イエスばっか言っちゃったし)

 

本来なら最低でもビジネスルームだったのですが、部屋レイアウトが特に違う訳でも無いのでOK。
特典はビジネスと同じにしてくれたので、朝食無料・最終日3時レイトチェックアウト確約。
よかったよかった。 

ココで日本語スタッフに会ってなければどうなってたことやら。

こんなやり取りが有り部屋に入ったら、可愛い動物が待ってました。

Img_20120101_162704

Img_20120101_162745_2

落ち着く前に、近くのカルフールに買出し。
ビールとツマミ・ミネラルウォーターを買う。 

 

カルフールと併設しているお店がパルコ(カタカナでパルコって書いてある)でビックリ。
日本のパルコと同じです。

買出しから帰ってきたが、休んでいる時間は無いのだ。
きょうはナイトサファリに行くのだ。
 

コレも事前調べしてあり、タクシーで行くのが良いらしい。

981 BOXTER(現在の仕様)

  • グレード:2.7L・6MT
    外装色:アマランスレッド
    内装色:ルクソールベージュ
    オプション装備:(スポーツシャシー・PTV)

    変更点
    ●排気系
     マフラー:ノーマルからIPE製

海外旅行に最適なクレジットカード