2013guam

  • Screenshot_20130809102528
    グアム5日間三世代旅行です。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2012年10月21日 (日)

スーツケース損害申請

帰宅翌日かな?
 
損保ジャパンから連絡があり、再度損害の確認と返信封筒を送ったとの事。
ココまで気を使ってくれるのかと、とても嬉しかった。
 
 
 
 
損害の写真と必要書類を送ると、到着した頃に再度電話。
補償額のお知らせと、振込み日の連絡。
 
 
そして、ハガキでも損害補償明細を送ってきてくれた。
もちろん、指定日にちゃんと振り込まれてます。
 
 
書類を送ってから4・5日で無事解決。凄いよ損保ジャパン。
 
 
 
 
こういう損害補償は始めて使いましたが、やはり保険は入っていたほうが良いね。
 
 
 
 
これでドバイ日記全てです。
今回は(今回も?)色々な方に助けていただきました。
 
 
ANAスタッフのお姉さん方。ドバイのタクシードライバー。
 
マルハバお姉さん・ポーターさん。
 
英語の出来ない私をサポートしてくれ、休みの予定迄合わせてくれたご主人。ありがとう。
 
沢山遊んでくれたちびっ子2人、ありがとう。
 
 
 
そして。
計画建ててるときから数ヶ月も相談に乗ってくれた、ぱじゃま。
 
 
ぱじゃま、本当に有難う。
 
 
 
 
長々とお付き合い有難う御座いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
次はどんな珍道中しようか。

2012年10月19日 (金)

成田、リムジンバスにて帰宅

成田からのリムジンは自宅から15分ほどに停留所が有る為、
帰りもバスで帰ります。
帰りは特に渋滞も無く、あっさりと帰宅。
 
 
 
 
 
 
 
ただいま!!

2012年10月17日 (水)

エミレーツ A380ビジネスクラス

ビジネス・ファーストは搭乗口が違う為、
職員に案内され搭乗通路に向いました。
 
 
 
 
 
搭乗すると、ネットで見たとおりのビジネスクラス。
8月から就航だったのでとても新しいのかと思ったらそうでも無いみたい。
いろいろな路線で共有なのだろうか?

Img_20120813_071023

Img_20120813_071132

Img_20120813_071140

Img_20120813_071148

Img_20120813_071202

Img_20120813_071731

 
 
 
先ずはウエルカムドリンクを配られ、軽食と朝食を聞かれる。
 
 
そして就寝・・・・・・・・・・・・・・・・。
 
 
 
 
 
とおもったが、後ろの日本人CAさんがおしゃべりが楽しいらしく。寝れない。
 
 
 
ヘッドホンをしていても聞こえるくらい。
 
 
 
あのー、色々な私事が聞こえちゃってますけど・・・・・・。
フライトの不平不満、お客に聞こえちゃってますよ?
 
 
 
それに今、未だ安定飛行になってないのに私語?
(離陸中もおしゃべりに夢中でした)
 
 
 
我慢できなくなったら、 
眠りたいので静かにしてもらえるようにお願いしに行こうと思ったが、
安定飛行に入り、他のCAさんが来たからか静かになった。
 
 
 
 
 
 
そして。軽食が運ばれてきたが。。。。。。
コレを書こうか悩んだ。
私は結構何でも食べる方だが、無理して食べた食事。残すのが嫌いな貧乏なんで。
 
 
寿司を選んだ私が悪かったのかもしれないが。食事ではない。
 
 
例えるなら「スーパーで買ってきたパック寿司を蓋を、
外して2日ほど冷蔵庫に入れっぱなしでご飯がバサバサになった」感じ。
選択を間違えたな。
 
 
更に、お水を頼んだら「ココに有ります」と飾られている水を差す。
(いや、それってイツから置いてあるのさ?)
 
だるそうな表情満点ですよ、お姉さん。
 
 
うんとね。わざわざ呼んだ訳では無いのですよ。
ドリンクサービスに来たの。
 
 
「飲み物は何にしますか?」
 
 
と聞かれたから「お水下さい」って言っただけなんです。
 
 
呆気に取られていたら、
 
 
諦めたのか「冷たいお水をお持ちします」だ。
(ちなみにおしゃべり大好きなCA片割れね)
 
 
 
ああ、ワゴンにお水無かったから取りに行くのが面倒だったんだね。
 
 
なんかサークルや学祭のノリっぽくて、
事故起きたら自分で何とかしないと」と思っちゃったよ(苦笑)。
 
 
朝ごはんもコレがエッグベネティクトか?だったし。

Img_20120813_160031

このフライト自体がハズレだったのかな?
 
 
 
いろんな人の旅行記見てみると、そりゃー素晴らしい機内滞在っぽいし。
食事の写真も素晴らしく、頑張ってお金払ってビジネス選んでワクワクしていたのさ。
 
 
大した回数ビジネスクラス乗ってませんが、
今までのビジネスクラスで一番滞在しにくかった。
 
 
SQとTGはとてもきめ細かく過ごし易かったし、何食べても美味しかった。
TGの前菜は特に美味しくてビックリした。
 
 
年始に乗ったCAは賛否有るみたいですが、
機材の古さはともかく。ビジネスクラスのCAさんは的確に対応してくれ、
適度な距離感でこれはこれで良かった(アッサリ系ですね)
 
食事も口に合わないのが1回有っただけで(文化の違いと思える範囲)、
他はとても美味しく同行者とビックリしたくらいだ。
 
 
 
EKもタマタマ今回が外れただけだと思うが、
また同じお金出して乗ろうとは今の所思えない。
 
 
EKの不満ばっかり書いてしまったが、
今回の旅の楽しみでも有った為、余計ガッカリしているんだと見逃して欲しい。
 
 
ただ、黒人系の女性CAさんはテキパキと働いていて素晴らしかった。
人が本当に良く働いてくれてた。
コチラの通じない英語に付き合ってくれ、
飲み物も気にしてくれてた。
 
 
この方にはお礼が言いたい。有難う。
 
 
 
賑やかだったの日本人CA2人は新人だったのかな?
で、この黒人系CAさんが教育係だったらなんか納得(笑)

Img_20120813_153909

Img_20120813_171121

 
 
と、なんとなく微妙な気持ちで成田着です。

2012年10月15日 (月)

エミレーツラウンジ

お土産を買い、小腹が空いてきたのと汗を大分かいたのでラウンジに向います。
 
 
 
入り口でボーディングパスを見せて、普通に入る。
縦長の作りになっていて(コンコース沿いに有る感じ)
何箇所かに食事や飲み物が分かれて置いて有ります。
 
 
 
チョッと見て廻り、先ずはシャワー。
 
 
 
 
シャワー室に入るとタオルやアメニティが置いてあり自由に使えます。
 
 

Img_20120813_030301_2

Img_20120813_030118_2

Img_20120813_031349_2

 
早速シャワーを浴び、ラウンジで休みます。
食事を見ていると、色々料理を説明してくださり、カレー系とミニバーガー・サラダとサーモンを取り、
ビールはシルバークリスみたいにサーバーは見つかりませんでしたが、注文するとグラスに注いで頂けます。

Img_20120813_032256

食べてみると食事はとても美味しい。
想像できない料理は遠慮しましたが、食べた料理は全部美味しい。
ビールは缶だったので普通でした。
3回位お代わりしたかも(笑)
 
 
 
 
テーブル廻りに電源も沢山有り、困りません。
時間を潰していると。ちょうどオリンピックの閉会式が始まりました。
閉会式を見ながらゆっくりビールを飲み。
 
 
 
そろそろ搭乗時間です。
 
 
 
ラウンジから直接搭乗ゲートに降りれるのですが、もう少しお土産を見たかったので普通にエスカレーターで下がります。
 
 
 
夜中なのにお土産やさんや通路は激ゴミ。真っ直ぐ歩けません。ドバイって凄いや。
 
 
 

Img_20120813_070240

 
さて、搭乗時間です。

2012年10月13日 (土)

空港

さて、「そろそろ空港に行かなきゃ」と言うと。
 
 
そしたら。
なんと子ども達と空港まで見送りしてくれるとな!!
 
子ども達も乗り気で超可愛いぜ。
 
 
ホテルマンにエミレーツのEチケットを見せ
「エミレーツエアライン ドゥバイトゥナリタ ビジネスクラス ターミナルスリー」
「OK!!」
サクッと荷物を運んでくださり、ドライバーに行き先を指定。
 
ありがとう、インターコンチネンタルドバイフェスティバルシティ!!。
修行風呂は面白かったぜ。
 
 
 
 
 
車の中でパジャマと、
 
俺:「ビジネスは空港建物の入り口がちがうんだよね」
 
ぱ:「私はイツもエコノミーだから知りません!!」ぷんぷん
 
俺:「・・・・・・」
 
 
ビジネス用のゲートに付くと、人も居なく綺麗で広い。
 
ぱ:「旦那はいつもこんな楽な手続きだったのか!!
あたしなんてエコノミーの・・・・・」(以下自粛)
 
 
とりあえずEチケットを見せ、ボーディングパス発行と荷物だけ預けた。
 
 
 
ビジネスファースト側には何も店が無いので、エコノミー側に移動する。
到着出発の谷間になるのかとっても人が少なく、子どもが走り放題。

Img_20120813_002250

走る走る走る・・・・・・追う追う追う。
 
 
 
捕まえて連れて帰ると。。。。。。。。。はしるはしるはしる・・・・・・・・ぜえぜえ。
搭乗前に良い運動させてもらったぜ。
 
 
 
疲れたので衝立に囲まれたカフェに入る。
ラマダン中だから日中は外から見えないようにしてるのだ。
 
 
  
 
 
ココでミントジンジャーだったかな?を頼んだんだけどサッパリしてとても美味しかった。
日中の空港で人も居ないし、空港だからドコか店が開いてる。
 
 
 
 
ぱ:「これは良いなー。みんなとお茶するとき空港に来るのも良いかも」だって。
 
 
 
 
と、突然衝立が取られた。ラマダンが終わったのだ。
中でお土産も買いたかったので、ココラで出国手続きに向います。
ビジネスクラス側に行き、再度パジャマに嫌味(笑)を言われ。
 
 
 
 
笑顔の子ども達とバイバイです。「ばいばーーい」
 
 
 
昨晩のタクシーの事も有ったのでプリペイド使い切るまで電話してようと,
ぱじゃまに電話したら、
 
本人も心配だったらしく、ピンクタクシーに乗ったとの事。
おお、これなら安心だ。ピンクタクシーは女性専用の女性ドライバータクシーなのだ。
 
 
安心し、お土産やさん巡りを始めます。
買いそびれたデーツ系のお菓子を買い、無事任務完了。
しかし、ルイヴィトンは見つからず。残念。

2012年10月11日 (木)

スーツケース購入

ランチギリギリの3時すぎ迄のんびりして、
フェスティバルシティのハイパーパンダにお土産を買いに行きます
 
 
もちろん、現地ジャンクスナックを買うためだ。
 
 
ホモスの缶詰やアラビア文字のお菓子を買う。
 
 
スーツケースも売っていたがちょっと怖かった(笑)ので保留。
 
 
だって、中型ソフトケースが2000円切ってるんだもん。
しかし、インド人はこういうのを何個も買ってお土産にしてるらしい。なるほど。
 
 
 
 
そして。スーツケースを買うのを諦めきれず、何度も行った例のお店へ。
やはり何度見てもRIMOWAは定価だ。(笑)
 
 
 
8万はでかいので諦めるが、delseyがちょっと良く見えてきた。
スポーティーでカッコイイし。コレ。スキーに使うにも良いんじゃないか!?

Img_20120812_203830

Img_20120812_203838

Img_20120812_203849

 
 
 
 
 
そう思うと俄然興味が沸いてきて色んな大きさのを店員さんに見せて頂きチェック。
実際触ってみると、生地やジッパーも良く出来てるしいろいろ機能的でした。
 
 
 
荷物に応じてマチも広がるし、機能満載。
保証もワールドワイドで効くらしいので、
一番大きいものでも日本円で2万切っていたので思い切って購入。
 
 
 
 
 
 
さっそくガラガラしてホテルに帰る。
預けていた荷物を受け取ると「タクシーまで運びましょうか」と。
「ノーノー、マイスーツケースゼアケースリパック」(指差しながら)
「ok」と返事を貰いソファ迄運んでもらったら、
買ってきたスーツケースも持って行こうとした(笑)
 
 
 
 
ちがうちがう。コレに詰め替えるんだよと心で思ったところで、
ぱじゃまが説明してくれて助かった。
 
 
やっぱり英単語覚えなきゃ駄目だな。
 
 
 
 
詰め替えるといっても、機内持ち込みの大きさなので、
そのままマトリョーシカ状態で入れただけ。
 
ショルダーバックの中身も機内に必要なもの以外は詰める。
この中に機内持ち込みスーツケースが入ってます(笑)

Img_20120812_230415

Img_20120812_230447

 
  
 

2012年10月 9日 (火)

ドバイ四日目

本日も朝から昨晩の残りを食べながらビールの処理。残して帰ってもしょうがないもんね。
 
 
風呂に入って身支度をし、チェックアウトの準備をしているとパジャマから電話。
aniseで遅いランチを食べ。
 
 
本日は最終日なのでそんなに余裕は無いので
フェスティバルシティでスーツケースを探すのとお土産選びにする。
 
 
 
 
aniseが何処に有るか泊まっている俺には分からなかったが(笑)、
チェックアウトと荷物を預け、フェスティバルシティをちょっと散歩した。

Img_3491

そしてロビーに戻り、
程なくしてパジャマと子ども達が到着。
 
ドバイに駐在しているだけあって、さっさとanise?に向う。
 
 
なるほど。俺には分からない訳だ。
ラマダン中なのか入り口にはカーテンがかかっていて、知らない俺から見たら閉店に見えてた。
パジャマが入り口の店員さんと一言二言話すと、カーテンを開けてくれ入店。
 
 
 
 
すげーーーーーーーー。
 
 
 
 
 
 
こんなに広いとは。
並んでいる料理がドレも美味しそうでヤバい。

Img_20120812_174527

Img_3492

Img_3493

 
 
 
 
しかし、店内には俺達だけ・・・・・・・・・。
それでもちゃんと料理の説明をしてくれたり、素晴らしいおもてなしだ。
 
 
先ずは、いろんな人の日記に書いてあったお寿司。
結構美味しいらしい。
 
食べてみると、全然日本でも平気なレベル。
思わず3回お代わりしてしまった。
 
 
そして、ここでもカレー。コレも美味しかった。
 
 
白身の串焼きも頼んだが、コレがまた美味しいんだよ。
 
 
もうね。満腹中枢が憎たらしかった。
部活やってた時代の胃袋に戻りたかった。
ソレくらい何食べても美味しいんだ。
 
 
 
ヨーグルトスムージーみたいなのも、さっぱりしていて美味しい。
ケーキも美味しい。何でもおいしいいいい!!!
 
 
 
もう食えねぇ!!
 
 
 

2012年10月 7日 (日)

ドバイ三日目

そして翌日は昼過ぎに起床。
勿論「起こさないで!ボタン」を押しておけば起こされないので熟睡です。
 
 
ぼーーーーっと起き、コーヒーを飲みながら目を覚まします。
 
 
 
腹が減ったので今朝?(夜中?)買ったカップラーメンを食べる。思ったより美味しいね。
 
一緒にビールも呑んで、だらしない午後を過ごしていても暇なので、プールサイド散歩に行ったのですが暑くて数分で撤退。
 
 
そうだ。もう一度モールに行こう。昼間なら空いてるし。
空いてるモールは歩きやすい。店員さんもノンビリだ。
 
 
 
そうしていると、フードコート発見。なにやら人が居るぞ?
 
 
行って見ると、数件のファーストフードが開いている。
その場で食べる事は出来ないがテークアウェーなら買えるらしい。
マックやサブウェイその他有るので、夕方ココで買って部屋で食べよう。
 
 
また昨晩みたRIMOWAを見に行く。
どう見ても怪しい日本人です。
 
何回レート換算しても同じ値段。
 
 
 
 
諦め、部屋に帰りノンビリしていたらパジャマより電話。
 
 
何でも、パジャマと子ども達はお家にいるらしく、良ければ出かけるか?との事。
心配していただき申し訳ない。ご好意に甘えドバイモールに出かけることにした。
スーツケース物色と、財布を買いたかったのだ。
 
 
ホテルでパジャマ宅から来たタクシーに同乗し、ドバイモールに向います。
子ども達も元気!!
イフタールに重なりタクシーが拾いにくかったみたい。本当、お世話になりっぱなしでス。
 
 
 
モールに着いたら先ずはスーツケース探し。
どうせならとRIMOWAを探す。ターゲットはTOPAS 84Lだ。
 
 
2件有ったのだが、ラマダンセールでも対象外の定価。
定価でも日本円で8万位で安いのだが、元々使う金額では無かったので痛い。
今回は諦めよう。
 
気を取り直し、スークアルバハール方面に向うと、なんか人だかり。
丁度ドバイファウンテンの時間らしく(PM8時)いきなり噴水が始まった。
 
 
 
噴水が有るのは知っていたが、想像を超える規模と美しさだ。
コリャ凄い。
噴水の表現がとても素晴らしく見とれてしまい、あっという間に時間が経ってしまった。

Img_3438

Img_3441

Img_3445

Img_3448

Img_3452

 
 
 
 
 
 
 
観覧後、
そうだ!!水族館を見てなかった!!
 
リクエストして見に行きましたが凄いなーーー。
この一枚板が日本の技術というのも嬉しい。

Img_3454

Img_3460

Img_3466

スークを通ったら、アラブっぽい演奏をしていたので聞きながら撮影。

Img_3471

そして、スークアルバハールに移動。
ここにも小さいお店が沢山入っていて見るのに飽きない。
パレスホテルとくっ付いているからか、アラブ的な雰囲気を出しているスークです。

Img_3476

Img_3480

ココも見終わりドバイモールに戻る。
そして、予定に入っていたヴィトンに行く。
エピの二つ折りを買いたかったのだが、なんと在庫が無いではないか!
 
とほほほほほ。
 
ドバイに居て思ったんだけど、
日本人って結構好意的に受け入れてくれてるような気がする。
金が有って鴨ってのも有るのかもしれないけど、なんか親切なんだよね。
 
 
 
一休みする為にアイスを食べるが、まあ子ども達が良く食べる事食べる事。
この時点で夜10時過ぎなんですが、
ドバイイフタール中はこの時間出歩くのが普通らしいです。
 
 
多分日本的感覚だと午後6時って気分かな。
 
 
 
アイス食べてその後向ったのはスーパー。
ココはイギリス系のスーパーらしく、昨日行ったハイパーパンダとはエライ違い。
 
 
食べ物が美味しそう(笑)
カレー・ライス・ホットドック(コレは失敗した)とお土産御菓子等を買い帰路に向います。
タクシーを拾い、ホテル経由パジャマ宅なのですが。。。。。。。
 
 
 
 
パジャマが日本語で一言「方向が違う・・・・・・」
 
 
まじで?
 
 
 
 
日本語なのでドライバーには通じてないらしい。
パジャマに聞いてみると、
観光客と思われてか遠回りされてるらしい。
 
 
どうする?
 
 
と相談しているとホテルの方向に向うようなルートになっり特に何か有る様子ではない。
このままやり過ごそうって事になり、
俺はホテルに到着。
安全の為に少しの金額は諦めよう。
 
 
そして、心配なので電話をかけ会話することにした。
がしかし、こちらの思い過ごしだったのか特にもめる事も無く帰宅出来たらしい。
 
しかし、なんで最初遠回りしたのだろうか?
私一人なら全然分からなかったよな。
 
ちょっとお小遣いが欲しかっただけなんだろうか。
 
 
 
ソノ後、電話でインターコンチのランチがやっているか調べてくれとの事になった。
ラマダンなのでやっていてもコッソリ開店してるので良く判らないのだ。
 
 
ふと、部屋に有るディスプレイを見ると「lunch open anise」ってアナウンスが!!
 
 
早速連絡を入れ、予定が付けば翌日はaniseでランチを取る事にした。
安心し、ちょっと時間も有ったのでまたまたフェスティバルシティーに散歩
 
 
シャワーを浴び、先ほど買ったチキンカレーを食べたんだけど、コレが美味しい!!
 
ビビッテ軽くしか買わなかったがもっと買えばよかった。
外さないだろうと買ったホットドックが不味かったのが失敗だったよ。
 
 
パジャマが薦めてくれたハムとチーズも美味しい。
セットで売っていたんだけどハムにチーズを挟んで食べるとメチャクチャビールに合ってヤバイ。
 
 
 
 
今夜も明け方までビール飲みながらオリンピックを見たのでした。。。。。。zzzzzzzz。
 

Img_3485

 
 
 
  
 
 
 

2012年10月 5日 (金)

ザ・パレスホテル・イフタール

ココはご夫婦も始めてらしく、私のアラビックぽい所という事で予約していただきました。
初日、ドバイ半日観光でピックアップの時寄ったのですが、
夜見ると凄く雰囲気があって素敵です。
 
 
 
アラブに来たって感じでテンションアップ!!
 
 
 
車を預け、みんなで中に入ります。
 
 
すごい。凄すぎる。
まさにアラブ。映画で見るアラブそのもの。
 
 
想像したまんまのアラブ。
 
 
 
おおおお、おおおおおとか言いながらテーブルに着きます。
ドリンクを聞かれスイカジュースを頼みます。
 
 
 
そして、イフタールビュッフェなので好きなのを選べますが、何がどうか分かりません。
ご主人に一通り説明していただき。
さあ、食べるぞ!!
 
 
野菜やらサーモン。フムス(ひよこ豆のペースト)。パン等。
そして、ラムです。
塊から切って貰い。ワクワクしながら食べると。。。。。。。。。。美味しい!!
めちゃくちゃ美味しい。
臭みあるのかなと思ったのですが、全然無くラムの美味しさだけが広がります。
 
 
 
大した人生送っていませんが、今まで食べたラムで一番美味しかったかも。
バクバク食べ、お代わりに行きます。
 
 
沢山種類が有るので悩みますね。
次はナンの巻物?みたいなのと、カレーです。
コレもめちゃくちゃ美味しい。
一緒に持ってきたチキンも美味しい。
全部美味しくてヤバイ!!
 
 
ココで、なにやらテーブル担当さんが勧めて来ます。
ご主人に通訳していただくと、モロッカティーはどうかとのこと?
どういうものか説明してもらうと、おいしそうだし、折角なので頼んでみました。

Img_20120811_013639

 
 
 
お茶なんですが、ミント?が聞いていてサッパリ飲めます。
肉ばっか食べてた口の中がスッキリ。
3度(笑)お代わりをしてしまいました。
ふう。もう食べれません。
 
 
デザートをちょっと食べ、ノンビリしていたら時間になってしまいました。
みんなとの記念写真を撮ってもらい、パレスホテルを後にします。
 
 
 
そして、真っ直ぐ帰るのは勿体無いってことで、
ご夫婦がドバイらしい道をって事でドライブです。
 
 
 
高層ビル街を走り、ちょっと○○な所もドライブ。
車の中でも楽しい会話をし、ホテルへ到着。
 
 
 
ご主人はこれから出かけるとの事で、とっても忙しいのにお付き合い有難う御座いました。
明日の事はまあ、何とかなるだろう。
 
 
 
ちょっと時間が有るのでフェスティバルシティーモールへ散歩です
ドバイのモールは遅くまでやっていて。なんと午前1時までオープンしてるのです。
 
 
ホテルからは連絡通路で繋がっているので外を歩かなくて済みます
モールに入ると、凄い人人人。
昨日昼に行った時はガランとしていて全然人が居なかったのに、
全然違うところに来たみたいです。
 
 
日没から沢山人が出るとは聞いていましたがココまで凄いとは。
 
 
そうだ。スーツケースが壊れてるのでちょっと物色してみよう。
ちょっと見てみると、思ったより高くないのかな?
でもなー。どうせ買うなら好きなの選びたいしなー。と悩みながら見て廻ります。
探していたお店も見つかりRIMOWAを見ますが定価・・・・・・。
 
 
delseyはラマダンセール品になっていたので値段調べたら日本で買うより安い。
まだ悩もう。
ココで大体PM・・・・じゃなかったAM12時過ぎだったかな?
 
ちょっと小腹が空いたので、ぱじゃまに電話で教えてもらい、
隣接するハイパーパンダ(カルフールみたいなの)に買い物。
 
 
 
 
これも歩くんだ。
 
 
 
スナックとカップラーメンを買う頃にはAM1時になりモールの殆どの店が閉店となりますが、
流石に人が殆ど歩いておらずちょっと怖い。
 
 
ホテルに帰り、室温のビールで乾杯。
室温でも冷えてるのです、なんてったって設定温度21度ですから。
 
 
最初ビックリしましたよ。チェックインして部屋に入ったらメチャクチャ寒いんですから。
26度にして外出し、戻ってくるとターンダウン時かな?親切に21度にしてくださる。
 
 
サクッと修行風呂に入り、ビールを飲みながらオリンピック観戦。
おっと、設定温度26度に上げないと風邪引いちゃうよ。
 
 
この頃にはドバイ時間に慣れて来て3時過ぎ迄起きてましたね。

2012年10月 3日 (水)

バージュカリファ

タクシーも無事ドバイモールに着き。バージュカリファに歩きます。
がしかし、とにかくドバイモールは大きくて結構歩きましたよ。
 
 
 
登頂予約時間は午後6時。
この時間は、夕焼けから夜景まで見れる丁度良い時間で、パジャマが調べてくれました。 
 
ありがとう。
 
 
 
先ずはバウチャーを見せ、チケットを購入します。
そして、荷物は持って上がれないので、かばんは預けます。
 
 
 
あ、ポケットwifi入れたまま預けちゃった。
上でスカイプ出来ないジャンよ・・・・・。はぁ。
 
 
 
コレで直ぐ上がれるわけでは有りません。
結構な列で10分位並びました。

Img_20120810_232731

Img_20120810_233538

ソノ後、空港のようなボディチェックが有り、決められたエレベーターで上がります。
入場は時間区切りが有りますが、上がってしまえばフリーです。

Img_20120810_234821

Img_20120810_235055
(エレベーターの中) 
 
 
あれ?思ったより高くないかな?
バージュカリファは世界一高いビルですが、展望台は低いところなのです。Img_20120810_235442

Img_20120810_235304

 
 
 
マリーナベイサンズ展望台と比べると、怖さはマリーナベイサンズですね、私は。
 
バージカリファはガラスで結構囲まれていて、
風を余り感じないので安心感が有るのかも。 
 

Img_20120810_235356

Img_20120810_235402

Img_20120810_235405

 
 
見学していると、どんどん。日が暮れてきます。
サンセットを見ようと思ってましたが、
曇っていて?砂で?か分かりませんが、視界が良くなくて見れないまま夜になってしまいました。

Img_20120810_235904

Img_20120811_000004

Img_20120811_000341

 
 
 
日が沈む頃、スタッフが何か配ってます。
そうです。日が沈んだ為、飲食解禁です。
デーツチョコとミネラルウォーターを頂き、渇いた喉を潤します。あー、美味しい。

Img_20120811_000655

Img_20120811_000738

 
 
 

Img_20120811_001835

 
そうしていると。私のスマートフォンが鳴る。
 
 
あれ?と思い出てみると、パジャマでした。
なんか、今晩はご主人も時間が取れるらしく、当初予定していたイフタールに行けるとの事。
 
 
一応、スマートカジュアルで出かけてきて良かった。
 
指定の場所に行くのに迷いましたが、無事合流。
 
 
 
ご主人の車で移動です!

981 BOXTER(現在の仕様)

  • グレード:2.7L・6MT
    外装色:アマランスレッド
    内装色:ルクソールベージュ
    オプション装備:(スポーツシャシー・PTV)

    変更点
    ●排気系
     マフラー:ノーマルからIPE製

海外旅行に最適なクレジットカード